今日は子どもの通う小学校のPTA役員会議でした。今年はクジで当たって大きな役を引き受ける事になってしまったけれど…。

PTAのやり方について、時代的に限界が来ているんじゃないかなぁと常々思います。専業主婦をしている事前提の内容だったりすると、お仕事をしているお母さんは出てこれないのでクジで当たったものの仕事をしない、なんてことも珍しくなく。必然的に専業主婦のお母さんの負担が大きくなります。本来は子どものために!という活動のはずなのに、家に持ち帰ってしなくてはならない仕事のせいで子どもを放ったらかしだったり、家事もままならず家が荒れ果てたり…。

共働き家庭も多くなってきて、無償で日中ボランティア活動をしているような余裕もない社会になってきているのを感じます。子どもの事を思うと、小学校に行く機会も増え、先生たちや他の保護者との交流のいい機会にもなるし、素晴らしいシステムなのでしょうけれど…。今の時代に合ったやり方に少しずつ変えていかないとどこかに無理が来ているなと思わずにはいられません。